読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

怖がりの友人に披露した怖い話で、自分が怖くなった自業自得な話。

今週のお題「ゾクッとする話」

こんにちは。蜂矢です。

f:id:hachi82co:20150728183735j:plain

蜂矢が大学生の頃の話です。
とても怖がりな友人がいました。
怖い話や映画、おばけやしきなど、
そういった類のものが本当に苦手。

意地悪な蜂矢は、
友人が怖がるのを面白がって
夏になるとテレビやネットで仕入れた
怖い話を彼女に披露していました。

当時、一人暮らししていた蜂矢は
友人を散々怖がらせた後、
帰宅の途につきました。

4階の奥の部屋。
廊下の奥を見ると、
なぜか蜂矢の部屋の前の
電気だけ点いたり消えたり…


さっきまで自分が面白がってしてた
怖い話がフラッシュバックして
暑いはずなのに背筋が寒くなりました。

急いでドアの鍵を開け、部屋の中に。

怖い話をしたり、怖いことを考えると
そういうモノに波長が合って
寄ってくるといいます。

蜂矢はいわゆる0感なので
なんにも見えないし聞こえないのですが、
もしかすると何かいたのかも…

と、思うとまた再び背筋が寒くなります。



にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村