読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最強の寒波が襲った夜に30分も待たされるという拷問。

こんにちは。蜂矢です。

f:id:hachi82co:20160124203955j:plain

蜂矢、pairsというものをやってまして。
基本的に恋活や婚活のため使用するアプリなのですが、蜂矢は異性の友人を求めてだらだらゆるゆる登録しっぱなしにしていました。


蜂矢にはツレというものがあるので、ツレと喧嘩したときに男側の意見を提供してくれる相談相手が欲しかったのです。同僚以外で。


pairsでやり取りし、LINEへ移行して、1回飲みに行くか!ということになり…

最強は寒波が訪れるという夜に待ち合わせを。時間と場所が決まり、その時間になり、「着きました」のLINEを送るも返事がなく。待ち合わせ時間直前のメッセージは既読になっているので、まあ待つか…。ていうか寒い!マジで冷える!冷え症なのに!なんのプレイだよ!


10分ほど経って我慢できず、すぐそばのコンビニへ。雑誌を立ち読みしようと思ったら、テープで読めないようにしてあったので、読みたくもない○○の法則という本をナナメ読み。その本は何故かテープを貼っていなかった。

必ず役立つ!  「○○(マルマル)の法則」事典 (PHP文庫)

必ず役立つ! 「○○(マルマル)の法則」事典 (PHP文庫)

オッカムの剃刀」を読み終わっても連絡がない。珍しくイライラはしないがもう帰りたさMAX。とりあえず30分は待ってやろう。連絡なし。


うん、帰ろう。

最強の寒波がグイグイ攻撃を仕掛けてる夜に何やってんだ蜂矢は。凍えたので帰って速攻お風呂入りました。冷えは苦手なんだよ!

結局相手からは連絡なし。オイオイ、実際に会うの怖じ気づいてんじゃねぇよ。どっちかっていうと、やっぱり怖いから会わないって言い出すの女側でしょうが。全く。女子か。

やり取りしてる最中は特にそこまで違和感なかったんだけどなー。わからんもんだな。


結果的に、最強の寒波の攻撃を体感しに外出しただけじゃないか、アホか蜂矢は。



にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村