読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結婚妊娠産休と身近な人の変化に直面する度に周回遅れのレッテルを貼られているような気分になる。

こんばんは。蜂矢です。

今日、3年目くらいで東京支社へ転勤していった後輩デザイナーの女の子がオフィスに来たんですよね。夫を連れて。


「わ~い久し振り(*^^*)どうしたの~」

「今日から産休なんです」

「おめでとう~」


と言ったものの、内心もやっとした焦りが。いや、ずっと焦りは感じているんですけどね。忙しく仕事していて、一生懸命やれていて、打ち込めているからそれなりに充実してる。ツレとも順調だし、幸せなんですけど。

このままでいいのかしらって。26歳くらいならなんとも思わないんだけど、蜂矢もう33歳なわけで。一生懸命仕事していたら、あっという間に月日が経ったわけで。


別に結婚とか出産が全てじゃないって思うんだけど、30過ぎて恋人がいるアラサーに「結婚はまだしないの?」という質問がナチュラルに当然のようにぶつけられるのに違和感がある。とか言いながら、ツレとなら結婚楽しそう、してみたいと前向きな姿勢を持っているのも否めない。


あー。
私、結婚できないんじゃなくてしないんです。(まだ)

頼むから結婚しねぇの?って聞くな!
いろいろあるんだよ!
マイノリティを認めろよ!



にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村